クンロクの名称で親しまれる

パテックフィリップは最高峰の高級時計メーカーに位置付けられており、代表モデルの一つにカラトラバが挙げられます。カラトラバはパテックフィリップ腕時計の中でも、丸形でシンプルなデザインなのが特徴です。カラトラバが誕生したのは1932年のことで、バウハウスの哲学に基づいて設計されています。それは、機能がフォルムを決める、というものです。この哲学から生まれた腕時計の製造番号がRef.96であったため、日本ではクンロクと呼ばれて親しまれました。

スペイン騎士団が名称の由来

カラトラバの名前の由来は、12世紀に活躍したスペインのカラトラバ騎士団です。パテックフィリップは、19世紀の終わりから当騎士団のエンブレムをブランドシンボルにしていました。そこから、パテックフィリップがカラトラバを代表モデルにした意気込みが感じられます。そのシンプルなデザインは、時を超えても少しも古臭さがなく、むしろ斬新さを感じさせるものです。美しい円形ケースには、流れるような形状のラグが接続しています。高級感漂うインデックスと針は、視認性にも優れたデザインとなっています。

ブレスレット感覚で身に着けられる

カラトラバにはいくつかのモデルがありますが、大きな違いはムーブメントにあります。手巻きモデルは厚みが抑えられており、幅広いシーンのコーディネートに対応します。自動巻きモデルはケースの厚みが増しますが、高級機の中には薄型のマイクロローター式もあります。カラトラバの高級機には秒針がついておらず、ブレスレット感覚で身に着けられます。

パテックフィリップは世界三大高級時計メーカーの一つとして数えられていて、その中でも頭一つ抜けた存在として見られています。