形と全体のバランスを重視

オリジナルTシャツは、基本的に好きにデザインすることができますが、好きにデザインできるとなると逆に困ってしまいますよね。そのような場合には、ほかの服の兼ね合いを考えて形やデザインを選ぶとよいですよ。長く着ることになるTシャツなので、ほかの服とのバランスが悪いとなかなか着ることができません。持っている服と全体のバランスを考えて、色や形を決めると、方向性が見えてきます。

オリジナリティを大切に

せっかくオリジナルTシャツを作るのならば、オリジナリティを大切にしたいものですよね。既製品にはないようなデザインを考えると、オリジナリティが溢れるものに仕上がります。オリジナルのキャラクターやマークなどを考えてみると、それだけでオリジナリティが出てきますよ。

季節性を考えてデザインする

デザインの方向性が全く決まらないのならば、季節をひとつの指標にすることもいいですよ。春の季節に着るオリジナルTシャツを作るのならば、桜などをモチーフにするとそれらしくなりますよね。春の季節に着るほかの服のデザインに合わせるのでもよいでしょう。

目的に合わせてデザイン

オリジナルTシャツを作る目的からデザインするというのもひとつの方法です。スポーツチームで作るのならばチームを示すデザインを、クラスTシャツならばクラスを連想させるデザインを、イベント用ならばイベントカラーやイベントロゴに合うデザインをすると、思い出にもなっていいですよね。

カップル用のデザインも

オリジナルTシャツは、単品だけではなくカップルで作ることもできます。友達や恋人と合わせて作ると、思い出にもなり、二人の仲も深まりますよね。色違いや二つ合わさってひとつのデザインとなるようなものを選ぶと、それらしくなりますよ。

オリジナルデザインを作成し、専門店で注文すればオリジナルTシャツは作れますが、アイロンと市販のキットを用意することで、自宅でも作成することができます。