プラスティックよりも透明度が高くてよく見える

今のメガネレンズはほとんどがプラスティックのものです。では、以前は主流だったガラス製のメガネレンズはまったく使われていないのかというと、そんなことはありません。なぜガラス製のレンズが今でも利用され続けているのかというと、プラスティック製のレンズにはないメリットがいくつかあるためです。まず、プラスティックと比べて明らかに優位といえるのが、その透明性です。レンズは当然、透明度が高ければ高いほど視界が明るくクリアになります。つまり、プラスティックよりもガラス製のレンズがはめ込まれているメガネの方がよく見えるということです。プラスティックも透明度は高いですが、ガラスと比べるとそこまで高くはありません。

製品のチェックや検査をしている人に向いている

プラスティックと比べれば熱に強いというのも大きなメリットでしょう。プラスティック製のレンズはプラスティック自体が熱に弱いというだけではなく、熱にさらされるとコーティングされているものがはがれ落ちるという問題もあります。たとえば、ガラスに比べて傷つきやすいという弱点をカバーするためのものなどがはがれてしまい、コーティングの意味がなくなってしまうのです。以上の点から、ガラス製のレンズを使ったメガネは、たくさんのものを正確に見極めないといけない仕事をしている人や、常時、高熱にさらされる現場で働かないといけない人などに向いているといえるでしょう。具体的には商品のチェックや検査関連、ガラス職人などです。

メガネは減退した視力をサポートするアイテムです。リーズナブルな商品でも充分ではありますが、着用時の疲れ難さやデザインの良さを考えると、ワンランク上の製品を選んだ方が結果的に満足しやすいです。