電子タバコにはニコチンが入っていない

日本ではニコチン入りのリキッドを売ってはいけないことが法律で決まっているため、電子タバコにはニコチンが入っていません。ニコチンは美容と健康にとって有害であり、ニコチン中毒になると簡単に煙草を手放せなくなってしまいます。電子タバコにはニコチンが含まれていないため、依存度が低く、周囲への悪い影響も極力抑えることができるでしょう。害が少ないので、電子タバコは煙草よりも人目を気にせずに吸うことができます。電子タバコはニコチンが入っていないことで「物足りない」と感じやすいのがデメリットですが、吸い応えのある蒸気が発生するので吸っている感覚はしっかり味わえます。

吸うために必要な道具が必要

電子タバコを吸うために必要なのは、しっかり充電した電子タバコ専用の本体です。一方煙草は、火をつけるためにライターやマッチが必要になります。電気タバコは文字通り電気を使って熱するという違いがあるので、火事の心配がありません。ただ、電子タバコは専用の本体や充電を忘れると吸うことができないため、気軽にタバコを楽しみたい人にはデメリットになる部分もあります。

吸った後の処分の仕方の違い

煙草は吸った時に灰が出るため、灰を入れるための灰皿が必要です。電子タバコは灰が出ないので灰皿が要りませんし、吸った後に火を消す必要がないので、吸った後のケアも楽です。吸い殻の出ない電子タバコならポイ捨てするようもこともなく、地球の環境にも優しいでしょう。電子タバコと煙草は味や健康への影響だけでなく、吸った後の始末の仕方にも大きな違いがあるのです。

ニコチンリキッドはタバコの葉から抽出した成分を主原料にしている電子タバコ用のリキッドです。ニコチンを含んでいるので紙巻きタバコに近い風味があります。