通常のタバコよりも健康に良い

電子タバコの最大のメリットは、通常のタバコよりもニコチンやタールの含有量が少ない点です。実は電子タバコはニコチンを含んでいるものは日本ではほとんど販売できないようになっており、通常のタバコに含まれているような有害な成分をほとんど含んでいません。またリキッドを加熱して水蒸気を吸うことで喫煙を楽しむという仕組みになっているので、副流煙によって周囲に健康被害を与えるリスクも少なくなっています。このため自分はもちろん、周囲に対しても健康に配慮できるという点は電子タバコ最大の売りと言われているのです。

タバコ独特の臭いがしない

通常のタバコが嫌われる理由の一つとして、タバコ独特の臭いがあります。これは衣類や空間に長時間付着してしまうため、タバコを吸わない人にとってはスメルハラスメントに匹敵するものと言われています。それに対して電子タバコは独特の臭いがするものは多いですが、タバコ独特の臭いがしないため匂いによる不快感が少ないとされています。また衣類や空間に長時間臭いが続かないという点もメリットとして挙げられており、嫌煙家やタバコを吸わない人とも同じ空間を共有しやすいのです。

経済面でも安全面でもメリットがある

ほかにも通常のタバコと比較するとコストが安い点や、火を使わないので安全に喫煙できる点などがメリットとして挙げられています。さらに禁煙を目指している人にとっては喫煙の入り口として利用しやすいというメリットもあるため、喫煙者だけではなく禁煙を目指している人からも人気を集めています。

vapeのメンソールは清涼感のあるフレーバーとして、そのまま使うだけでなく、他のフレーバーと混ぜて使うことも出来ます。1つは持っていて損の無いフレーバーです。