高級時計と言えば機械式時計

高級時計を求める場合、殆どの時計は機械式時計なります。理由として、人気のあるモデルやブランドの殆どが機械式時計が多く、高級時計でクオーツ式時計というのは数が少ないのです。又、機械式時計は人の手で作る伝統工芸品という一面もあり、クオーツ式時計は工場で大量生産して一般的に多く普及される品という解釈もあるようです。

機械式時計の維持費も高い

時計は日々時を刻み動き続ける為、定期的にメンテナンスが必要になります。中身の部品を全部分解し、洗浄する事をオーバーホール分解掃除といいます。機械式時計は平均100個ほどの部品があり、専門知識のある技術者がそれらを分解し丁寧に洗浄した後、組み立てていきます。どれをとっても細かい作業なので時間が掛かり、その際に摩耗部品の交換などもあるので、メンテナンス代に加えてその部品代も上乗せになり、時計の種類によって4万から15万円になることもあります。

クオーツ式時計のメンテナンスは「電池交換」が一般的ですが、内部のオイル切れ(潤滑油)が起きると分解掃除を行います。その場合は数万の費用が掛かりますが機械式時計より安い費用で済みます。

それでも機械式時計が愛される理由

その一つは、熟練の職人の手によって作り出される精密な構造にあると思われます。機械式時計は無数の歯車や部品を組み合わせて、ゼンマイで巻き上げて動きます。その技術に価値がありクオーツ式時計にはない複雑な構造と、長い歴史の中で培ってきた技術が今でも続いて更に進化を遂げています。又、機械式時計は定期的にメンテナンスを行う事により、約10年の寿命といわれているクオーツ式時計比べ、半永久的に使用が可能になり、一つの資産として次世代へと受け繋がれるのも魅力の一つでしょう。

オーデマピゲは、スイスにある名門の時計メーカーで、伝統ある技術に大胆な発想力を併せ持つ世界3大時計ブランドの1つです。