風防はセーム革で優しく拭く

機械式時計の風防やケースにおけるメンテナンスは重要なポイントです。ケースや風防が汚れていると、見た目が悪いだけでなく正確な時間を把握できないというデメリットが生じます。風防やケースに付着した皮脂や汚れは、ティッシュペーパーでは取れません。そこで役立つのがセーム革です。セーム革を使用すれば、風防やケースに付着した皮脂や汚れが綺麗に拭き取れます。ここで重要なのは拭き方でしょう。ゴシゴシとこするように拭くのではなく、優しく撫でるような拭き方を心掛けるのが良いと言えます。セーム革がない場合は、眼鏡拭きやマイクロファイバークロスといったもので代用するのも効果的です。

ベルトは金属製と革製で異なる

金属製のベルトの場合は、コマとコマの間に皮脂やホコリが溜まりやすいという問題があります。そのため爪楊枝や柔らかいタイプの歯ブラシで皮脂や汚れを取り除く作業を行うのが良いでしょう。ベルトの表面はセーム革で拭いておくのが効果的です。革製のベルトは保湿クリームを塗ってあげるのが重要です。革用の保湿クリームを塗り、日の当たらない場所で保管するのが良いでしょう。

ムーブメントのメンテナンスは時計専門店へ行く

ムーブメントも摩耗や油切れ、経年劣化などで状態が悪くなるケースがあります。そのため定期的にメンテナンスする必要があるでしょう。しかし、自分では手入れが難しいため、時計専門店にメンテナンスを依頼するのが良いと言えます。5年に1回はムーブメントのメンテナンスを行っておく方が良いでしょう。頻繁に時計を使用する場合は、3年に1回ムーブメントのメンテナンスを行うのも有効な手段です。

時計通販のヨシダ