東京には数多くの老舗和菓子店がある

日本の中心と都市として有名な東京には、古くから店舗を構えている飲食店が存在します。とりわけ、まんじゅうなどの和菓子屋は、古くから地元の人に愛されているなどの理由で、比較的名店が多いという特徴があります。銀座にある銀座鹿乃子では、かりんとうおよびようかんを中心としたメニューが揃っており、知名度の高い老舗店として有名です。栗と五つの色が特徴の豆を混ぜ合わせたかのこという和菓子は、銀座鹿の子の主力商品として広く知られています。

東京土産として和菓子を購入する際に抑えておきたいお店は、ようかんとあんこ玉が人気の舟和です。浅草に本店がある関係で、外国人旅行者の間でも人気の高い老舗和菓子店として知られています。色とりどりのあんこ玉と、さつまいも本来の味わいを楽しめる芋ようかんが、舟和の主力商品となっています。

和菓子以外の東京土産もおすすめ

子どもや若い人向けの場合、和菓子よりも洋菓子が東京土産としておすすめです。原宿駅から徒歩で行けるキャットストリート方面には、人気のキャラメル専門店として有名な洋菓子店のナンバーシュガーがあります。バニラからジンジャーまでの8種類のキャラメルが番号で振られているという特徴があり、それ以外のフレーバーも期間限定で販売されます。それ以外の商品として、キャラメルを使ったジャムやバターも、低価格で販売されています。

新宿御苑前駅の近くには、予約必須のガトーショコラで有名なケンズカフェ東京が店舗を構えています。販売しているガトーショコラは、常温でテリーヌショコラとして、冷やすと生チョコレート、温めるとフォンダンショコラと、異なる3種類の味が楽しめるといった特徴があります。

カンパネラとは小さい鐘を意味します。イタリア語で、教会や寺院にある釣り鐘を意味する「カンパーナ」に小さいという意味の接続語「エッラ」が組み合わさってできた言葉です。