環境問題を改善する屋上緑化とは?

屋上緑化とはビルの屋上に芝生などの植物を植えることです。コンクリートの建物ばかりの都市部の中に緑の空間を作ることで、癒し効果があるだけでなく、ヒートアイランド現象を緩和する効果が期待できます。東京都では「東京における自然の保護と回復に関する条例」で一定基準以上の広さの新築・改築建物にはその敷地内の緑化を義務付けています。それほどまでに屋上緑化は効果的な環境対策として注目されています。商業施設では緑の空間を演出し、集客できるという良い側面もあります。人々に癒しと潤いを与え、環境問題を改善できる画期的な方法です。

屋上緑化のメリットとデメリットは?

屋上緑化は建物の密集や田畑や河川の減少、排気ガスの増加などで都市部の気温だけ高くなるというヒートアイランド現象を緩和する以外にも様々なメリットがあります。緑を増やすことは、大気汚染を減少させる空気清浄効果や二酸化炭素削減効果があり、温室効果ガスを削減することができます。植物の蒸散作用や遮熱効果によって夏の気温上昇を抑えることができ、冬は保温効果もあります。また、緑色は疲労回復やストレス解消に最適です。会社の屋上に緑が溢れていれば、働いていてもストレスを発散しやすくなります。このように自然の恩恵をダイレクトに受けることができるのが屋上緑化の良いところです。

素晴らしいメリットがたくさんありますが、毎日の水やりはもちろん、根腐れしないようにしっかり管理しなければなりません。人の手がかからないスプリンクラーなどの設備を投資するにしても費用がかかるデメリットもあります。家を建てる際には計画的に屋上緑化を取り入れてもいいですね。

屋上緑化とは、建物の屋根や屋上に植物を植えることです。植物が紫外線を遮ることで建物の劣化を防ぐ効果があります。