壁面緑化の遮熱性と景観への影響

建物の壁面に植物を這わせる壁面緑化は遮熱性の向上に役立つ利点があります。植物の葉や枝が日光を遮って温度の上昇を抑える他、植物に含まれる水分が断熱材の働きをするのが大きな理由です。日光以外にも地面からの照り返しによる温度の上昇を抑える効果もあるので、温度が急激に上昇するヒートアイランド現象に見舞われても室温への影響を軽減させることが出来ます。また、壁面緑化は建物の外観を緑で覆うことによって人工物には無い、ナチュラルなイメージを演出することが可能です。街中の建物に壁面緑化を施すことで殺風景な景観の中に緑を添えることが出来ます。居住性の向上と美観の維持の両方を成立出来るのが壁面緑化を施すメリットです。

マイホームに壁面緑化を施す際の注意点と管理方法

マイホームの遮熱性を向上させて住み心地を良くする手段として壁面緑化は良い方法ですが、その一方で植物の育成方法や管理については十分に注意する必要があります。葉や枝が伸びすぎると見栄えが悪くなる他、電線や配管を傷めてしまう危険があるので定期的な剪定が不可欠です。また、立地環境に適した品種の植物を選ばないと成長が遅くなり、壁面を覆うことが出来ません。病気や害虫の被害も防ぐ必要があるので、事前に壁面緑化に関する十分な知識を学ぶことが重要になります。植物によっては花粉や種子を飛散させる品種があることから、近隣への影響も考慮して判断するのが社会的なマナーです。壁面緑化はマイホームの住み心地を向上させる効果がありますが、適切なお手入れを欠かさず行うことを心がけます。

建物の表面温度を下げるだけでなく、リラックスや癒し効果があると言われている壁面緑化は、自宅やオフィスの他、お洒落なカフェなどでも人気です。