電子タバコの使い方について

電子タバコは専用のリキッドや乾燥させた葉の成分を電熱器で蒸発させて吸引する電子機器です。タバコの代用品として開発されましたが、本物のタバコとほぼ同様の風味を楽しむことが出来ます。花の香りや果物の風味を再現させた物も多数販売されているので、自分好みの一品を選べるのも魅力の一つです。電子タバコはバッテリーを充電して使う製品が一般的なので、繰り返して使うことが出来ます。吸引部にはリキッドを注入するスペースがあるので、風味が減少した際はその都度つぎ足すことが可能です。乾燥させた葉を封入したカートリッジを交換するタイプの製品もあるので、用途や価格別に使い分けるのが上手な扱い方です。

電子タバコを安全に使うための注意点

電子タバコは電子機器の一種なので、安全に使うためには説明書の内容を理解することが大切です。特に使用中の扱いを誤ると火傷や感電の危険があるので注意が必要です。電子タバコに使われているバッテリーは充電を繰り返すと次第に性能が低下するので、安全に使うためには定期的な交換が不可欠です。劣化したバッテリーを使い続けると液漏れによる故障に見舞われる可能性があります。また、電子タバコ本体も繰り返して使うことにより、次第に性能が落ちます。製品ごとに規定回数の目安が記載されているので、バッテリーと同様に定期的な交換を行うのが気持ち良く使うコツです。リキッドやカートリッジは専用の電子タバコ以外には使用出来ないので、他のメーカーの製品に買い替える際は併せて交換することになります。

vapeは、ニコチンやタールを含む加熱式たばことは異なり、味の付いた蒸気を楽しむ嗜好品です。ニコチンなどが含まれていないため、健康にも問題はありません。